Newsトピックス

SEIRIN HIGH SCHOOL

2020.06.15
その他
見上げると数年に一度の大輪の白い花
校舎の東側、生徒昇降口へ降りる階段の右側にある泰山木(タイサンボク)の大木に白い大きい花が咲きました。理科の浜田先生によるとタイサンボクは、モクレン科の常緑高木で、4,5年に一度しか花が咲かないそうです。在学中に開花を見れるのはラッキーですね。
この花の成分から『マグノリア』の香水が作られるそうです。
モクレン科の植物って甘い香りがするので横を通る時に気が付いた生徒もいるかもですね。
蕾でも直径20センチはありそうなサイズ感です。
梅雨に入り傘をさしての登校が多くなります。梅雨の晴れ間には、階段を降りる前にちょっと上を見上げてみて下さいね(^^♪
2020.04.24
その他
卒業生が北九州市の広報誌に
本校の卒業生で、地元の企業で採用された中西天馬さん(平成27年食物調理科卒:23歳)が北九州市雇用政策課が高校生就職応援マガジンとして発行する広報誌『そうだ!』の取材を受けて専門技術者のページで紹介されています。
中西さんは本校在学中野球部に在籍していて、その先輩に勧められて選んだ就職先が地元の企業で堅調な事業を展開する「黒崎播磨セラコーポ」です。
努力した結果は、専門職として様々な資格や技術を身に付けて活躍しています。体に気を付けて頑張って下さい。
《写真は北九州市発行の広報誌『そうだ!』より。なお横の写真の精細画像はトップページ下段の★フォトアルバムの掲載欄でご覧いただけます。》↓
http://www.seirin.ac.jp/photo_album_detail.php?p=1&no=&album_no=114&cat=

1