高大連携協定

SEIRIN HIGH SCHOOL

高大連携は、高校と大学が連携して教育を行う取り組みです。
大学側とのネットワークを構築し、相互理解を深めながら教育の向上を図ることを目指しています。

【第一薬科大学】と高大連携協定を締結しました

第一薬科大学は、福岡市南区にある、大学名の通り、薬学部と、また看護学部がある私立大学で、昭和35年に薬学部薬学科からなる西日本唯一の薬系単科大学として開学しました歴史ある大学です。

薬学部薬学科および漢方薬学科、看護学部看護学科、また2022年4月からは新たに薬学部薬科学科も新設されました。

「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神とし、広く医療に関する専門的な知識・技能・態度を授け、実践的な能力を有する医療人を育成、医療福祉の向上、学術の深化に貢献している大学です。

合意内容

  • 高等教育、大学教育の活性化を目的とする
  • 大学の薬学、看護等の実験実習・講義などへ本校生徒の受入れ
  • 大学の先生による感染症対策及び薬物乱用防止講演会等の実施
  • 教育課程やSDGs等について相互の研究および交流
  • 大学の学生による生徒へのキャリア支援

など様々な内容で締結いたしました。

今回の連携によって、双方の生徒・学生ともに実用的かつ充実したものになると期待されており、特に本校の生徒には薬学・看護を主としたキャリア教育底上げにも必ず役立つと確信しています。


  • 調印式参加者の記念撮影

  • 高大連携協定の締結

  • 本校代表者の加藤理事長

  • 第一薬科大学代表者の都築学長

  • コラボレーションCake Cut

  • 協定書へのサイン
    (左側:久保校長、右側:都築学長)